『Learning Patterns 2009』
PDF版ダウンロード
Top
学習パターンとは
学習パターンの読み方
学習パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
学習パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 創造的な学び
No. 3 学びをひらく

No. 4 学びの竜巻
No. 5 知のワクワク!
No. 6 研究への情熱
No. 7 まずはつかる
No. 8 「まねぶ」ことから
No. 9 教わり上手になる
No.10 身体で覚える
No.11 成長の発見
No.12 言語のシャワー
No.13 アウトプットから始まる学び
No.14 プロトタイピング
No.15 学びのなかの遊び
No.16 動きのなかで考える
No.17 フィールドに飛び込む
No.18 偶有的な出会い
No.19 フロンティアンテナ
No.20 広がりと掘り下げの「T字」
No.21 隠れた関係性から学ぶ
No.22 右脳と左脳のスイッチ
No.23 鳥の眼と虫の眼
No.24 量は質を生む
No.25 自分で考える
No.26 目的へのアプローチ
No.27 捨てる勇気
No.28 学びの共同体をつくる
No.29 「はなす」ことでわかる
No.30 ライバルをつくる
No.31 教えることによる学び
No.32 外国語の普段使い
No.33 小さく生んで大きく育てる
No.34 魅せる力
No.35 「書き上げた」は道半ば
No.36 ゴール前のアクセル
No.37 セルフプロデュース
No.38 断固たる決意
No.39 突き抜ける

No.22
右脳と左脳のスイッチ
Brain Switch
論理と感覚、その両方が必要だ。
論理的な思考だけでも、感覚的な思考だけでも、たいした飛躍は期待できない。
  • 論理的(左脳的)な思考は、鋭い分析や推論を促し、説得力を生む。
  • 感覚的(右脳的)な思考は、豊かな発想や表現を促し、感動を生む。
  • 論理と感覚の両方を同時に駆使することは難しい。
  • 論理的な思考と感覚的な思考の二つのモードを切り替えながら、物事に取り組む。
  • 論理的(左脳的)な思考から入った場合には、できるところまでとことん論理的に突き詰めていく。逆に、感覚的(右脳的)な思考から入った場合には、できるところまでとことん感覚的に突き詰めていく。
  • 途中行き詰まりを感じたときや、納得のいくレベルに到達したときには、論理と感覚の思考モードを切り替えてみる。論理的に考えていたことは感覚的な美しさや豊かさを、感覚的に考えていたことは論理的な整合性や深みを考えてみることで、新しい側面が見えてくる。