『Learning Patterns 2009』
PDF版ダウンロード
Top
学習パターンとは
学習パターンの読み方
学習パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
学習パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 創造的な学び
No. 3 学びをひらく

No. 4 学びの竜巻
No. 5 知のワクワク!
No. 6 研究への情熱
No. 7 まずはつかる
No. 8 「まねぶ」ことから
No. 9 教わり上手になる
No.10 身体で覚える
No.11 成長の発見
No.12 言語のシャワー
No.13 アウトプットから始まる学び
No.14 プロトタイピング
No.15 学びのなかの遊び
No.16 動きのなかで考える
No.17 フィールドに飛び込む
No.18 偶有的な出会い
No.19 フロンティアンテナ
No.20 広がりと掘り下げの「T字」
No.21 隠れた関係性から学ぶ
No.22 右脳と左脳のスイッチ
No.23 鳥の眼と虫の眼
No.24 量は質を生む
No.25 自分で考える
No.26 目的へのアプローチ
No.27 捨てる勇気
No.28 学びの共同体をつくる
No.29 「はなす」ことでわかる
No.30 ライバルをつくる
No.31 教えることによる学び
No.32 外国語の普段使い
No.33 小さく生んで大きく育てる
No.34 魅せる力
No.35 「書き上げた」は道半ば
No.36 ゴール前のアクセル
No.37 セルフプロデュース
No.38 断固たる決意
No.39 突き抜ける

No.29
「はなす」ことでわかる
Release of Thoughts
自分の考えを「話す」ことは、
自分からその考えを「離す」こと。
一人で考え込んでいると、行き詰まってしまうことがある。
  • 理解できていないことは、言葉にするのが難しい。
  • うまく整理されていない話は、理解するのが難しい。
  • 相手がわかるように話すためには、情報の整理が必要である。
  • 自分が「理解した気」になってしまっていることには、気づきにくい。
  • 自分が何を理解していないかを把握することで、次に理解すべきことがわかる。
  • 相手の反応によって情報の整理の仕方を洗練させながら、自分が考えていることを話す。
  • 身近な人のなかで、話を聞いてくれる人を探し、自分の考えていることを話す。
  • 相手がわからなそうなところは、わかるように説明し直す。また、興味がありそうなところは、話を膨らませる。
  • 話をした後、どの説明が良かったのか、あるいは悪かったのかを振り返る。
  • それを踏まえて、さらに他の人にも自分の考えを話してみる。毎回話し方を洗練させ、上手く話せるようになるまで繰り返し話す。