『Learning Patterns 2009』
PDF版ダウンロード
Top
学習パターンとは
学習パターンの読み方
学習パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
学習パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 創造的な学び
No. 3 学びをひらく

No. 4 学びの竜巻
No. 5 知のワクワク!
No. 6 研究への情熱
No. 7 まずはつかる
No. 8 「まねぶ」ことから
No. 9 教わり上手になる
No.10 身体で覚える
No.11 成長の発見
No.12 言語のシャワー
No.13 アウトプットから始まる学び
No.14 プロトタイピング
No.15 学びのなかの遊び
No.16 動きのなかで考える
No.17 フィールドに飛び込む
No.18 偶有的な出会い
No.19 フロンティアンテナ
No.20 広がりと掘り下げの「T字」
No.21 隠れた関係性から学ぶ
No.22 右脳と左脳のスイッチ
No.23 鳥の眼と虫の眼
No.24 量は質を生む
No.25 自分で考える
No.26 目的へのアプローチ
No.27 捨てる勇気
No.28 学びの共同体をつくる
No.29 「はなす」ことでわかる
No.30 ライバルをつくる
No.31 教えることによる学び
No.32 外国語の普段使い
No.33 小さく生んで大きく育てる
No.34 魅せる力
No.35 「書き上げた」は道半ば
No.36 ゴール前のアクセル
No.37 セルフプロデュース
No.38 断固たる決意
No.39 突き抜ける

No.33
小さく生んで大きく育てる
Start Small, Let it Grow
最初から大きな成果でなくてよい。
何度もバージョンアップすればよいのだから。
いきなり大きな成果を出そうと意気込んでみても、なかなか達成できず、途中で嫌になってしまいがちである。
  • 大規模なものをつくるには、時間と手間がかかる。
  • 効果が見えないことに持続して取り組むことは難しい。
  • 一人でできることには限界がある。
  • 具体的な事物・事例をみることで、周りの人とイメージを共有することができる。
  • 小さくてよいので具体的なアウトプットを生み出し、それを徐々に大きな成果に育てていく。
  • 自分がやりたいことを思い描き、まずは最小限の規模で、具体的なアウトプットを生み出す。大きな構想がある場合には、その構想の縮小版や一側面を体現したものでよい。そのアウトプットを、現段階の成果として発表する。
  • そのアウトプットを、現段階の成果としてしっかりと形にして、人に見せたり、発表したりする。
  • そのアウトプットに興味をもった人がいれば、その後の活動に参加してもらう。
  • そのアウトプットを修正したり、新たに追加したりすることで、徐々に成長させていく。