冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.12
量は質を生む
Quality from Quantity
大量の情報を凝縮すると、理解や思考の飛躍が起きる。
「だいたい知っている」という状態から、なかなか先に行くことができない。
  • 物事は常に多面的である。深い理解には、複数の視点が不可欠である。
  • 記述された情報は、対象となる物事のすべてではなく、ある視点からそれを表現したものにすぎない。
  • すでに知っているような情報を得ることは、冗長なことに思えてしまう。
  • 繰り返し触れた情報は、記憶に残る。
  • 知りたいことについて大量のインプットをし、それらを組み合わせて多面的に理解する。
  • 知りたいことについて、いろいろな情報源から、とにかく大量のインプットをする。
  • 得られた情報を組み合わせて、その対象についての理解を多面的に再構成していく。
  • 情報の重なりは重要度を表しており、また情報の取り上げ方や内容のズレも有益な情報となるので、それらも意識的に把握する。例えば、あるテーマに関する本をすべて読んでみて、どの本にも書かれていることは一般的な見解だと理解し、個別の本で扱われている内容からは、その本の視座を学ぶ。
  • 同様に、何か新しいことを学び始めるときには、複数の入門書にあたってみる。ある本の説明で理解できなくても、別の本では違う説明がなされており、つまずきを回避できるからである。