冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.19
鳥の眼と虫の眼
A Bird's- & Bug's-Eye View
俯瞰して全体を見ることと、詳細に部分を見ること。
この二つの視点を行き来する。
物事の全体を見ているだけでは細部はわからず、部分に注目するだけでは全体性を見失う。
  • 視点のレベルによって、見えてくるものが違う。
  • 細部を観察したりつくり込んだりしているときには、全体が見えにくい。
  • 俯瞰的な観点で物事を見ているときには、詳細を見落としてしまいがちである。
  • 俯瞰的な視点と、詳細な視点の両方を同時にもつことは難しい。
  • 全体を俯瞰する視点と、細部を見る視点を切り替えながら、物事に取り組む。
  • 全体を俯瞰する視点(鳥の眼)で取り組んでいるときには、しっかりと全体を捉える。細部を見る視点(虫の眼)で取り組んでいるときには、とことん細部にこだわる。
  • いまの視点での作業に一区切りついたら、俯瞰的な視点と詳細な視点を切り替えてみる。俯瞰して見ていたときには詳細に、詳細に見ていたときには俯瞰して見てみることで、新しい側面が見えてくる。例えば、論文執筆において、本文の表現を突き詰めているときには、一度、論文全体のなかでの位置づけを確認してみる。逆に、論文の全体を考えているときには、個々の章で何を書くのかの具体的なイメージを膨らませる。