冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.20
隠れた関係性から学ぶ
Hidden Connections
意外なつながりこそ面白い!
既存の分類や関係性に囚われていては、新しい発想は生まれない。
  • 単独で存在しているものはない。全ては関係性のなかにある。
  • 既存の分類は、かつて誰かが決めた基準にすぎない。
  • 新しい視点で物事を見るためには、関係性に「意味づけ」をする必要がある。
  • 要素の数が多くなるほど、その関係性の数は膨大になり、把握するのが難しくなる。
  • 物事の背後にある「隠れた関係性」を追究し、その関係性の糸を辿ることで、これまでとは異なる発想を得る。
  • 分野を超えて使われている言葉や、論文・書籍で参照されている文献、研究者の交流関係などから、物事の隠れた関係性を把握する。ある教員が担当している複数の科目の関係性を考えてみることで、専門分野の意外なつながりに気づくこともある。
  • 一見すると関係がなさそうなもの同士が、なぜ関係しているのかを考え、その関係性に意味づけをする。そのうえで、さらに同じように他の要素もつながらないかを考え、新しい発想へとつなげる。
  • 関係する要素が多い場合には、それらがどのように関係づけられているのかを、図にマッピングしてみると、関係性の全体像をつかみやすい。