冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.28
学びの共同体をつくる
Community of Learning
独りで学ぶ必要なんてない。
一人でできることには、限界がある。
  • 一人で行う行為には、時間的な限界がある。
  • 一人がもてる知識や視点には、限りがある。
  • 様々な視点に触れることは、自分の世界観や理解を深めることにつながる。
  • 仲間と同じ目標に向かって走るとき、一人のときよりも頑張ることができる。
  • 同じ目的を持つ人や、互いに刺激し合える人と、「学びの共同体」をつくる。
  • まずは「学びの共同体」についての構想を練る。例えば、どのような勉強会を開くのか、あるいは、どのような研究プロジェクトを立ち上げるのか、というたたき台を考える。
  • たたき台を周囲の人に持ちかけてみる。興味がありそうな人が数人集まったら、その人たちを立ち上げメンバーとする。立ち上げメンバーで、基本方針やおおまかな日程を決める。
  • 学びの成果を、どのように「形にする」のかを考える。勉強会の内容を、論文や冊子にまとめたり、ウェブ上で公開したり、発表会を開いたりするなど、アウトプットを明確にすることで、持続的な活動につなげることができる。
  • それらのプランを踏まえて、「学びの共同体」への参加メンバーを募る。できれば、いまの自分たちの交流範囲を超えた広い規模で募集する。広く募集することで、同じような興味・関心の人が多く集まる可能性がある。また、馴れ合いの気持ちにならず、緊張感を維持することができる。
  • 参加メンバーのモチベーションを維持させるために、適宜、それまでの成果を確認し合い、必要であれば目的の再設定をする。