冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.32
教えることによる学び
Leaning by Teaching
人に何かを教えることは、
自分にとってもプラスになる。
すでに知っていることについて、理解を深める方法がわからない。
  • 自分が「理解した気」になっていることには、気づきにくい。
  • 話すことで初めて、自分がどのような理解をしているのかが明確になる。
  • うまく整理されていない話は、理解するのが難しい。
  • 相手が理解できるように話すためには、情報の整理が必要である。
  • 相手の状況に合わせて教えるということを通じて、様々な文脈での理解を図る。
  • 自分が知っていることを誰かに教えるような状況に身を置く。例えば、研究会で後輩の研究相談に乗ったり、授業のSA(スチューデント・アシスタント)やTA(ティーチング・アシスタント)になったりする。
  • 教える相手のニーズやレベルを把握し、どのように説明すればよいかを考える。入門書を複数読んでみて、そこでの説明の仕方や例を比較検討し、自分なりの説明を編み出すのもよいだろう。
  • 必要に応じて、教える内容に関連する自らの知識やスキルを増強する。教える内容の背後にある知識を持っていると、内容に深みを出したり、説明の仕方を工夫したりすることができる。
  • 相手のレベルやニーズに合うように教え、反応を見ながら教え方を調整する。