冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.33
断固たる決意
Firm Determination
気持ちだけでは心許ない。
決意をカタチにすることが、断固たる決意の表われ。
つらく厳しい活動は、中途半端な気持ちでは乗り切ることは出来ない。
  • 何かを生み出したり、スキルを身につけたりするためには、時間がかかる。
  • 人は、多くのことを同時に並行して行うことは難しい。
  • これから取り組む活動をやり抜く覚悟を決め、それが実現できるように身のまわりの環境を整える。
  • 自分の取り組む活動のゴールを明確にし、成功のイメージを持つことで、活動への情熱やモチベーションを高め、決意を固める。
  • 決意を決めた活動に取り組むための時間を、しっかりと確保する。必要であれば、それ以外のことを整理するなどして、確実にそのための時間を空ける。
  • 周囲の人に決意表明をするなどして、逃げ道がない状況へと自らを追い込み、決意を維持する。