冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.35
目的へのアプローチ
Right Way
目的地への道は、ひとつではない。
不適切なアプローチでひたすらがんばっても、目的は達成できない。
  • 目的へのアプローチ(方法)はひとつではない。
  • あるアプローチによって目的を達成できるかは、やってみないとわからない。
  • 自分が慣れ親しんだものは、よいものに思えてしまう。
  • いまのアプローチで本当に目的を達成できるのかを考え、必要であれば、より適切なアプローチに切り替える。
  • 自分が取り組んでいる研究の目的を達成するために、現在とっているアプローチ(方法)が適切かどうかを問う。
  • もしいまのアプローチが適切でない場合には、どのようなアプローチが適切なのかを考える。問題が依拠する分野にこだわらず、他の分野のアプローチにも眼を向ける。例えば、教育問題を空間デザインで解決したり、環境問題をプロダクト・デザインの観点で取り組んだりすることもできるだろう。
  • より適切なアプローチが見つかったら、そのアプローチに切り替える。
  • 適切なアプローチが見つからない場合には、目的そのものに問題がある可能性があるので、目的自体を再考する。