冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.36
捨てる勇気
Brave Change
囚われていたものを捨てることは、
新しい可能性を得るということ。
行き詰まりを感じ、どうやっても現状を打破できそうにないときがある。
  • 自分が慣れ親しんだものは、よいものに思えてしまう。
  • これまでやってきたことをやめるということは、不安な気持ちを生む。
  • 人は、自らの経験のなかで、いろいろなことを学んでいる。
  • 今までのテーマやアプローチをあえて捨て、より広い視点から今後について考える。
  • 自分が今取り組んでいることについて一度振り返り、どこまで何ができていて、どこで行き詰まっているのかを把握する。
  • その行き詰まりが、本当に解決困難であるのかを考える。また、その取り組みをやめても問題が生じないかを考える。
  • もし、解決困難で、かつ中断しても問題が生じない場合には、いつでも再開できるようにしてから中断する。例えば、使用したファイルを一カ所にまとめたり、資料をバインダーに綴じたりしておく。
  • 今までのことを一度すべて忘れて、何をやりたいのかを再考する。このとき、いま中断している取り組みを意識しないことが重要である。
  • やりたいことが見えてきたら、それに取り組み始める。中断した取り組みはいつでも再開できるだけでなく、そこで学んだことは、新しい取り組みにおいても活きてくるだろう。