冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.37
フロンティア・アンテナ
Frontier Finder
いま最先端で何が起こっているのか?
それを感知しないで、新しい時代を切り拓くことはできない。
価値ある研究を行うためには、研究分野のフロンティアを知らなければならない。
  • 「研究」活動とは、人類が誰も知らない「未知の領域」を開拓する知的活動である。
  • 研究の新規性は、「既知」と「未知」とを分かつ境界線(フロンティア・ライン)を見極め、それを広げることができるかどうかで決まる。
  • フロンティアを知る機会は、学会や論文という、学生の日常生活からは少し離れたところにある。しかも、英語を始めとして外国語で発表されていることが多い。
  • 前提知識をもっていなければ、フロンティアで議論されていることは理解できない。
  • フロンティアは、日々更新されていく。
  • まず研究分野のフロンティア・ラインを把握し、次にそこに辿り着くために必要な知識を逆算して学び、フロンティアを理解する。
  • 自分が取り組んでいる(もしくは、これから取り組む)研究に関係する最新の論文を読んだり、学会へ行ったりすることで、フロンティア・ラインが今どこにあるかを確認する。
  • それに並行して、フロンティアの研究を理解するために必要な知識を学ぶ。基礎的な入門書だけでなく、研究を紹介している啓蒙書やドキュメンタリーも、フロンティアでの試行錯誤を知るために有益である。
  • 「未知の領域」を開拓できるように、自らの研究をデザインし、実践する。
  • フロンティアは日々更新されているので、適宜、フロンティア・ラインがどう広がっているのかを把握する。