冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

No.39
突き抜ける
Be Extreme!
未来をつくる人は、
主流や平均にとどまらず、極限まで突き抜ける。
苦労して成果を出しても、あまり目立たず、存在にすら気づいてもらえない。
  • 人は、多少の差異には気づきにくい。
  • 真に新しいことをやると、誰も経験したことがないため、それを評価する基準さえない。
  • 際立った成果は、次のチャンスを呼び込みやすい。
  • どこで自分が「突き抜ける」のかを戦略的に考え、圧倒的な差異を生み出すほど徹底的に取り組む。
  • 他分野で突き抜けている人のことを見聞きし、「突き抜ける」というイメージをつかむ。また、突き抜けるためにはどのような意識や戦略が必要かを理解する。例えば、研究活動で突き抜けたいときに、突き抜けている野球選手や漫画家から意識や戦略を学ぶ、ということである。
  • 突き抜けるための意識や戦略のなかで、自分に取り入れるものを考え、実践してみる。
  • 徹底的に研究や勉強、活動に取り組む。その分野の第一人者になったり、「○○といえば、誰」と言われるくらいになることを目指す。