冊子PDF版
ダウンロード
Top
ラーニング・パターンとは
ラーニング・パターンの読み方
ラーニング・パターンを探す
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
ラーニング・パターン
No. 0 学びのデザイン

No. 1 学びのチャンス
No. 2 つくることによる学び
No. 3 学びをひらく


No. 4 まずはつかる
No. 5 まねぶことから
No. 6 教わり上手になる

No. 7 アウトプットから始まる学び
No. 8 外国語の普段使い
No. 9 学びのなかの遊び

No.10 学びの竜巻
No.11 知のワクワク!
No.12 量は質を生む

No.13 身体で覚える
No.14 言語のシャワー
No.15 成長の発見


No.16 動きのなかで考える
No.17 プロトタイピング
No.18 フィールドに飛び込む

No.19 鳥の眼と虫の眼
No.20 隠れた関係性から学ぶ
No.21 広げながら掘り下げる

No.22 創造への情熱
No.23 右脳と左脳のスイッチ
No.24 小さく生んで大きく育てる

No.25 魅せる力
No.26 「書き上げた」は道半ば
No.27 ゴール前のアクセル


No.28 学びの共同体をつくる
No.29 偶有的な出会い
No.30 ライバルをつくる

No.31 はなすことでわかる
No.32 教えることによる学び
No.33 断固たる決意

No.34 自分で考える
No.35 目的へのアプローチ
No.36 捨てる勇気

No.37 フロンティア・アンテナ
No.38 セルフプロデュース
No.39 突き抜ける

ラーニング・パターンとは

ラーニング・パターンとは、よりよい学びを実現するためのコツを抽出・記述したものです。各パターンには、学びにおいて問題になりがちな状況と、それをうまく解消してくれるようなコツがまとめられています。ラーニング・パターンは、次のように活用できます。

(1) 学びのコツを知る: 最初から順に読んでいく。

このラーニング・パターン・カタログには、多種多様な学びのコツが書いてあるので、最初から順に読んでいくことで、読み物のように楽しむことができます。パターンの前半(冊子版では左ページ)の概要を中心に読み進め、気になったものがあれば、後半(冊子版では右ページ)の詳細な情報を読んでみましょう。読み終わったときには、学びのコツの全体像がつかめているでしょう。→最初から順に読んでいく

(2) いまの自分に必要なコツを探す: 状況の一覧から検索する。

ラーニング・パターンでは、「授業や研究会を選択するとき」や「新しくスキルを身につけたいとき」、「行き詰まりを感じているとき」など、そのコツを使う状況が明記されています。そのため、いまの自分の状況に応じて、必要なパターンを探し出すことができます。さらに、各パターンに記載された関連パターンをたどっていき、そのコツと組み合わせて実践するとよいでしょう。→自分の状況に応じて探す

(3) 学びのコツについて話す: 共通言語として使う。

ラーニング・パターンは、学びのコツについての共通言語を提供します。そのため、自分のなかでコツを活かすというだけでなく、パターン名を友達との会話のなかでを使ったり、先生との学習相談のなかで使ったりすることができます。学びのコツは、本来、言葉にするのが難しい経験則なのですが、パターン名を使うことで端的に話せるようになるはずです。

ラーニング・パターンは、「パターン・ランゲージ」という考え方にもとづいてつくられています。パターン・ランゲージは、「ある状況において直面する問題を、どのように解決すればよいのか」という知識を記述する方法です。パターン・ランゲージについては、こちら(パターン・ランゲージの考え方)をご覧ください。